COLUMN 無料ノウハウ

【コンサルタントコラム】 デキる経営者の3つの特徴

皆さんこんにちは、

 

 

僕はこれまでに少なくとも500人以上の会社経営者またはエグゼクティブと接してきました。

その中で、デキる社長(ビジネスパーソン)と、残念ながらそうでない人に出くわしてきましたが、

その大きな違いは3つあります。

(社長と記載しましたが、ビジネスパーソン全体に言えることです)

 

1.やりきること

2.逆算できること

3.裏切らないこと

 

これらは影響力の順番に並んでいます。

 

 

1.やりきること

どれだけショボイやり方だとしても、現在のやり方よりも優れていれば、必ず前進しますし、成果も出ます。

逆に、どれだけ優れたやり方でも、やらなければ成果が出ません。

 

デキる社長は

・自社(自分)にやりきる能力(人材・その他リソース等)はあるか

・自分が心から納得し、やり切れるイメージは湧くか

・部下(仲間)に、なぜやらなければならないのかを繰り返し伝えられるか

など、「確実にやり切れるか否か」を考えます。

 

 

一方で残念な社長は

・「これができれば成果が出るぞ!」

と通販に躍らされる主婦のように飛びつくものの、持続ができません。

 

ダイエットと同じで、どれだけ優れたノウハウかよりも、自分がやり切れるかどうかのほうが大切なのです。

 

 

2.逆算できること

デキる社長はいつも「未来志向」です。

「未来に理想とする姿にあるには、今何をしなければならないか」

を常に考えています。

その場その場で最適なことであっても、ありたい姿から遠ざかることはしません。

 

これを、俗に「計画性」や「戦略」と呼ぶのかもしれません。

 

一方で、残念な社長は、

・いつも目の前の資金繰りに困っている

・未来に漠然とした不安はあるものの、何もしない

という特徴を持ちます。

 

 

デキる社長の考え方:「未来が迫ってくるからありたい姿に身を向けて準備する」

残念な社長の考え方:「今の延長線上に未来があるから、今の最適の積み重ねこそ未来の最適」

 

 

3.裏切らないこと

デキる社長は信用の大切さを身に染みて知っています。

信用は1日にして成らず、積み重ねるのに長い時間と労力を要します。

しかし、崩れ去るのは一瞬です。

 

そのため、たとえ1分であっても遅刻する場合は連絡を入れます。

連絡をもらった側は、たとえ遅刻でも、予め遅刻することがわかっていれば、無駄な時間を過ごさずに済みます。

(ex.5分余ったから本屋で流行の本を知る 等)

 

一方で残念な社長は

・遅刻常習犯

・有言不実行

・入金が遅れがち

など、裏切りの常習犯です。

大幅に遅刻する際は連絡がありますが、5分程度なら遅刻とも感じないようです。

 

デキる社長:遅刻しない(しても、事前連絡がある)

残念な社長:5分遅刻の常習犯

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

私が会ったビジネスパーソンで、上記3つの特徴に当てはまる方は、コンサルティング開始直後から成果が出ていました。

一方で、これらに当てはまらなかった方々は、非常に残念でした。

 

その方々には、「私がコンサルティングしても成果が出ない」とお断りをしていました。

 

 

社長は従業員とその家族の命を担う人間です。

「人としてどうなの?」というような立ち居振る舞いは人を不幸にします。

 

 

私自身も、上記3点を改めて意識して、デキるビジネスパーソンになっていこうと思います!