COLUMN 無料ノウハウ

【コンサルタントコラム】人を育ててはいけない

皆さんこんにちは。

 

さて、今日は人材育成について。

 

伸びない人は部下を「育てよう」とし、
伸びる人は部下が「育つ環境」を作る

 

人を変えることはできません。
人は「自らの意志」で変わります。

 

「育ててやろう」という意思は、「俺好みに変えてやろう」ということと同義です。
しかし、それは多くの場合、失敗します。
なぜなら、部下はあなたとは違うスキルや価値観を持ち、同じことをやっても同じような成果が出るとは限りません。

 

例えば、「販売接客」を強化したいと考えているとします。
伸びない人は、部下を直接指導し、改善しようとします。

 

「ちがう!このタイミングでお客さんのニーズを深堀して!」
「もう少し必要性を喚起したうえで、商品提案をして!」

 

そう、伸びない人は「自分が成果を出したやり方」に自信を持ち、
それが属人的なことに気づかず、あたかも世界共通の最善解であるかの如く指導をします。

 

しかし、それができるのはあなただけです。
もっというと、それを指導できるのはあなただけです。

 

一方、できる人は「誰でもできるように仕組化」しようとします。

・売れている人のトークはどのような流れか
・どこを強調すればよいか
・具体的にどんな言葉で話しているか
をできる限り可視化(ツール化)するなど、極力「誰でもができる」ようにしようとします。

 

そうすると、「販売力が底上げされる」以外に、以下のような付随的メリットが発生し、販売力が継続的に向上するようになります。
・可視化されたツールがあるので、どの箇所をブラッシュアップすればよいかがわかる
・全員が同じツールを使用しているため、全員がブラッシュアップに参画できる
・全員が同じツールを使用しているため、教育担当者による教育のブレが小さくなる
etc.

そう、底上げするだけでなく、指導者も指導しやすくなり、指導力も上がります。

 

上記は販売接客にフォーカスしたほんの一例ですが、

育てる前に「育つ環境」づくり。
育つ環境づくりができてから「育てる文化」づくり。

 

伸びる会社・組織はそれらがうまくできていると感じています。