シェアトル(地域シェア向上/反響獲得AI)

買い集客でこんなお悩みはありませんか?BE IN TROUBLE

  • 集客数が安定しない…
  • ポータルサイトに掲載しても費用対効果があわない…
  • 自社物件が少なく反響目標に達しない
  • ホームページを持っているが、全く反響がこない…
  • チラシの反響がどんどん落ちてきて不安…
  • 広告費をかけるお金がない

「シェアトル(地域シェア向上/反響獲得AI)」が
解消いたします!

  • 物件力に左右されることなく毎月安定した反響数を確保
  • 成果報酬型のため万一反響がとれなくても、費用負担ゼロ※月額維持費のみ
  • 反響課金型なので費用対効果が安定し販促計画を立てやすい
  • 目標の集客数に合わせて反響数をコントロールできる
  • 広告費を弊社が自腹で負担するため反低リスク、安定リターン

シェアトル(地域シェア向上/反響獲得AI)の概要SYSTEM

会員登録型ホームページを活用したシェアトル(地域シェア向上/反響獲得AI)

自社サイトを活用した販促戦略(クロスメディア戦略)CROSS MEDIA

自社WEBサイトを持つことで、一つ一つの販促施策が掛け捨てにならず、自社販促サイトへの流入が生じることで、結果的に全体の反響単価を押し下げることができる。

ダメな戦略
ダメな戦略

ひとつひとつの販促を単体施策として捉え、
「掛け捨て」型の販促を実施している

クロスメディア戦略に特化した自社HP
クロスメディア戦略に特化した自社HP

スマホの普及に伴い、自社商圏内WEB上における
プレゼンスを拡大させているため、
他社が実施した販促であっても自社サイトに
顧客流入を実現させている

顧客事例WORK

所在地
北海道札幌市東区
商圏人口
26万人
社員数
3名
社員数
5年

いただいたコメント

当時の自社サイトでの反響は月に1件あるかないかでした。
ポータルやチラシを中心とした販促を行っていましたが、集客数が不足したり安定しないことが悩みでした。ポータルの掲載枠数を増やし有料オプションを追加し、チラシの部数を増やし、様々な打ち手を実施しました。
しかし、注ぎ込んだ広告費に対して反響数の伸びはわずか。成約数が頭打ちの状態が続いていました。
そんな時、反響獲得システムの提案を受け、試してみたところ導入初月から月に40件以上の反響がありました。
翌月には5件もの成約となり、その後も月に安定して60件以上の反響をいただいています。
今では集客に悩んでいたのが嘘のようです。ポータルサイトやチラシと違い、成果報酬型なので広告費が無駄になる心配がなく、安心して目の前の営業活動に集中することができています。大変満足しています。

  • 導入前
  • 導入後

ZitzGenと一般的なホームページ制作会社の違いDIFFERENCE

ZitzGenが「反響数」にコミットする理由

  • 一般的なHP制作会社
  • ZitzGen

反響がとれないと赤字になるというビジネスモデル。
「どこよりも反響を多く獲得すること」にコミットします。

反響がとれる仕組みSYSTEM

「反響数の最大化」に重きを置いた集客戦略

「反響数の最大化」に重きを置いた集客戦略

1「反響がとれるサイト」の構築

  • 他のサイトに行く理由を無くす
  • 反響メリットを明確に伝える
  • 地域密着×物件数No.1を訴求する

    地域密着×物件数No.1を訴求する

  • 会員のみ閲覧可能な物件をアピールする

    会員のみ閲覧可能な物件をアピールする

2「見込み客のアクセス」を獲得します

  • 商圏内の「見込み客」を網羅する
  • 物件検索中の人に来てもらう
  • 商圏内の住宅購入可能者を網羅します

    商圏内の住宅購入可能者を網羅します

  • 家を探している人のアクセスを獲得します

    家を探している人のアクセスを獲得します

3「反響数を最大化する」ための改善を繰り返します

  • 反響しやすい属性/ぺージの分析
  • 反響増に効果的な施策を打つ
  • 反響しやすい属性/ぺージの分析

  • 反響増に効果的な施策を打つ

  • 「網羅的」で「正確性」の高い分析結果に基づき、商圏内の反響シェア高める打ち手を実施します。

貴社に行っていただく事TO DO

貴社業務は以下2点のみです
・ホームページにレインズ物件を掲載いただく(弊社代行可):図2
・反響したお客様にテレアポ営業を行っていただく:図5

貴社に行っていただく事

反響したお客様への営業方法をご提供します

テレアポマニュアル

これまでの成功事例の蓄積を踏またノウハウがつまった、
反響獲得システム専用のテレアポトークマニュアルをご提供いたします。

よくある質問FAQ

Q月にどの程度の反響数が獲得できるのでしょうか?
商圏人口によって異なりますが、商圏人口20万人、掲載物件が300件くらいで月20件反響は獲得できています。
40万人商圏なら40件以上というように、人口1万人につき少なくとも1件獲得できております。
Q強力な競合ポータルサイトがあるなかでも、本当に反響が取れるのでしょうか?
はい、とれます。先物物件を含めた商圏内の掲載可能物件をすべて掲載するため、そのエリアで探している人にとって、このサイトを見れば良い、という状態を作り出せるので、物件網羅率という観点で競合に負けることなく、問題なく反響を獲得できます。
Q反響というのはどんな反響ですか?
HPへの会員登録です。会員限定物件を閲覧するために、お客様に電話番号、メールアドレス、氏名を登録いただき、不動産会社からの連絡にも同意いただきます。
Q反響からの成約率は何%くらいですか?
エリアと競合状況により多少異なりますが、実績に基づくと、反響からの成約率は10%程度です。40件反響があれば最低4件は毎月成約となっている会社様が大半です。
Q会員登録の反響は、ポータルの物件問い合わせ反響に比べて質は高いですか?
はい、ポータルサイトのように競合会社に同時に問い合わせをしていないため、すぐに競合にとられることはありません。
ポータルでの物件反響に比べて、検討初期段階のお客様が多いため、物件探しに伴走するスタンスで営業いただくと成功率がより上がります。
Q反響後、まったく連絡がつかないお客様の場合も課金対象でしょうか?
課金対象とならないケースも存在します。
反響発生後、5日以内に「反響除外申請」をしていただくと、弊社にて除外審査をいたします。
除外対象となる反響は「存在しない電話番号だった場合」「明らかな競合調査だと確認できた場合」となり、その他除外対象は個別に判断いたします。